カードローンの審査基準について

カードローンの申込みを考えておられる方の中には、審査に通るかどうかが不安と感じている方もおられるに違いありません。
では、カードローンの借り入れのために審査基準にはどんな要素が関係してくるのでしょうか。
まず第一に、当人の勤務先や年収や勤続年数、住居の居住形態や居住年数、家族構成、配偶者の有無などといった基本的な情報を申告することになります。
当然ながらこうした審査においては、年収は高いほうが有利ですし、勤務先も正社員の方が契約社員やパートの場合よりも有利になります。
このように、自己所有の物件に10年以上居住し、配偶者や子供がおり勤続年数も15年以上だという場合であれば、比較的有利に審査を通過することが出来ます。

その一方で、独身で借家住まいであり、現在の場所に先月引っ越してきたばかりであって、仕事はアルバイトで収入は不安定などという場合は、有利な審査を期待することは難しくなります。
このいずれの場合でも、既に他社からの借り入れがかさんでいたり、返済の遅延などの事故が過去にあるような場合は、審査に大きな影響を与えることになります。
このように、手軽に申し込めるサービスとして盛んに宣伝されているカードローンですが、申込み時の審査については、従来どおりのきちんとした審査が行なわれるということを覚えておく必要があります。
とはいえ、審査の結果、思うような融資枠が設定されないとしても落胆する必要はありません。

なぜなら、審査というものは、申し込んだ当人の信用状況や返済能力を審査基準に照らして吟味した結果、このくらいまでなら大丈夫だと判断された限度額が設定されることになるからです。
ですから、それ以上の融資枠が設定されたとしても、それを滞りなく返済してゆくだけの能力が今の自分には備わっていないということを自覚する必要があるのです。
それで、カードローンに申し込む場合は、現在の自分の収入や信用状況などを正直に見つめ直すことにより、バランスの取れた見方を持つことができるように心掛けることをお勧めいたします。

自分でどのカードローンがいいのか決めかねているなら【カードローン選抜】自分に最適の1社を探す厳選比較ランキングで紹介されているカードローンの中から選ぶといいでしょう。