金利の安いキャッシングについて

金利の安さ重視でキャッシングを選ぶなら銀行に申し込む必要があります。
消費者金融と銀行を比べると実質金利の上限が異なるとご理解いただけるはずです。

消費者金融の実質金利上限は、ほぼ17%から18%です。
銀行の実質金利上限は、平均で10%から15%ですので、安さで選ぶなら銀行に申し込みましょう。

実質金利の上限が低ければ、それだけ利息の支払いがラクになり、返済時に有利です。

しかし、銀行のキャッシングにはデメリットがあります。
銀行のキャッシングを利用するためには厳しい審査に通らなければいけません。

勤め先の規模や安定度は大丈夫でしょうか。
収入額は多めである必要があり、収入の変動幅は可能な限り一定である事が望ましいです。
持ち家のほうが、貸家よりも審査では有利です。
家族構成は、お金がかかりそうなほど、審査で不利に働く可能性が高いです。
過去の金融サービスの利用履歴を確認して滞納が多い場合、審査では不利となります。
現在、借り入れを行なっているのであれば、銀行のキャッシングに申し込む前に完済しておくべきでしょう。

といったように金利の安いキャッシングを利用するためには、多くのハードルが待ち構えています。

金利の安いキャッシングにこだわらない方であれば、消費者金融から融資を受けるのも良い選択肢です。
消費者金融のキャッシングは銀行と比べると、不利な面もありますが、借りやすい点は大きなメリットです。

有利な融資をスムーズに受けるために、事前にある程度情報を集めておきましょう。
そして自分の信用を確認した上で、申し込みすれば何度も審査で落とされるリスクを軽減できます。